Digital Explorer

ガジェット好きなミニマリスト

【非二元】「幸せは探しても見つからない」エックハルトの言葉より

   

質問者「20年、幸せを探しつづけています。正しいと思えることやすべきことを全部してきたのですが、幸せや喜びを見つけることができません」

エックハルト「答えはシンプルです。幸せを探すことを辞めるということです。幸せを探すということ自体が、もうすでにある幸せを発見することを妨げています」

不幸感、不満足感、無価値感。

そういうものが未来へと駆り立てる。

それって今起きていることへのNO。つまりは無意識のエゴの働きで、今を否定している状態。

(「今」というのが、そもそも大きな幸せ)

ただ、そのNOに気づいて、それにYESと言っていくことで頑ななNOが緩む。

YESはスペース、空間、無、大きな幸せ。

無がNOを取り囲んでいく。

NOは思考で考える自分の状況だったり、感情だったり、さらに奥に行くと体に感じるなんらかの違和感。痛みだったりもするけど、それよりもっと繊細に感じる体の感覚だったりする。

自分が全体に広がる。モノゴトの背景であることに気づく。

思考、感情、肉体が一番近くにあるけれども、思考なんて全体に比べたらほんのちっぽけな一部。

体の感覚に耳をすませて、よく見ていくと、なんだか昔に感じた感覚を思い出していく。

そうそう、何もないけど、なんか楽しいみたいな。

大人になるにつれて深刻にモノゴトを考え過ぎちゃうけど、子供頃のような無邪気さを取り戻していく。

昨晩、エックハルトの上の動画を聴きながら寝たら、夜中の3時に目が覚めて、エックハルトの言っていたことを反芻しながら体の奥を感じつづけていたら、何だか意味わからないけれども「あー幸せー」って出てきました。

エックハルト「木の葉が風で動いて音を奏でたりすることがあなたを幸せにします。空を見上げることがあなたを幸せにします」

そうそう、そんな感じですごく些細なこと。

大金持ちになるとか、欲しいものを手に入れた時とかの幸せじゃなくてもっと本質的な幸せ。

そこへの入り口は、今あるものを受け容れるということ。

今あるものにフォーカスを向けると、そこに不幸感、不満足感、無価値感が大抵ある。

インナーヘル(内なる地獄)

僕も含めてだけど、人間のほとんどがその部分を持っていて、そこに気づかないように生活をする。

それを感じないように何かモノゴトをしてごまかしたりする。

でもね、そのインナーヘルに飛び込むと、そこにさっきのエックハルトの言う幸せが待っているんだよね。

 - Non-duality