Digital Explorer

ガジェッター・ミニマリスト・足つぼ師・温泉ソムリエ。時々、非二元

【非二元性】YouTubeなどを通しての「悟り」。ニヤつくかどうかが個人的な指針

      2017/09/22

マッサージの仕事をしているのですが、セッションの前によくエックハルト・トールのトークをYouTubeで聴いています。

マインドまみれのところから、自分の本質を思い出させてくれます。

本質とは何か・・・。

「無」

です。

非二元性 = 陰陽などの二元性ではない、それを超えたもの

です。

非二元性がメディアにたくさん出ている時代

少し前はエックハルト、ガンガジ、OSHO、その他のスピリチュアルマスターの英語のトークを聴いていたのですが、最近では日本語でもたくさん聴けます。

重要なのが、

情報として受けとるのではなく、言葉が投げかけられている方向またはその言葉が出てくる源泉(これも「無」です)に向かうことを許すことです。

これね、マインドだけで理解しようとするとそれもいいんですけど、深みが違うんです。

体全身で感じていく感じです。

マインドで理解しているところから、体の奥の自己の本質(「無」「観照者」)に降りていっているんです。

ボクの感覚では、

1. トークしている人の話を聞く
2. 話している内容をキャッチする
3. 体・マインドに入り込んでいる自分に気づく
4. 体のこわばり、思考の流れを手放す
5. 体のこわばり、思考に気づく
6. ただただ手放す
7. 顔が勝手に微笑んでるw

という感じです。

最初のうちは、多分トーク内容を聴いていという段階で終わってしまうかもしれません。ボクもそうでした。

「本とかで言っているようなことと同じだよね」

というような。

ただ、ここから一つ大きなジャンプがあって「手放す」、「リラックスする」ことを許すことによってすごいことが起きますw

ボクは体がとても重たく感じて、勝手にストレッチをし始めました。

そこでのマインドに来た言葉は

「いいんだよ、そのままそれらをくつろいで許していってごらん」

でした。

そう、頑張るの逆で、何かをしていることをやめてくつろいでいく

マスターのトークは最初のうちは聴いているけれども、そのうちただ流れている音になっていく。

たまに聴き続けて、さらなる深みへと誘導してくれることもあるけれども。

実際に聴いている時に何が起きているのか

エックハルトの公式ホームページのCD購入のところに昔こんな感じのことが書かれていました。

エックハルトがCDのなかで話している内容は情報としても重要ですが、彼の言葉の奥で運んでいる彼の臨在(プレゼンス)に注意してみてください。

この言葉、今ちらっとエックハルトのページで探してみましたが、最近のページには載っていないぽいですね。

このプレゼンスの伝達があるかないかで、マスターかそうでないかを見分けることもできます。

マインドレベル ー 情報の伝達
それを超えたレベル ー 情報の伝達、それらを超えたものの伝達

ボクノ場合、マインドがストップして顔がニヤッとするかどうかが判断基準です。上の二つのYouTube動画は聴いているうちにニヤニヤしてきます。

瞬時にわかる時もあれば、しばらく聴いてからわかる時もあります(←これ、ボクのマインド依存度によりますw)。

というわけで、非二元性のお話でした。

プッツリ文章切りますw

 - non-duality