Digital Explorer

ガジェッター・ミニマリスト・足つぼ師・温泉ソムリエ。時々、非二元性

色々と残念すぎる。A Tribe Called Quest 『We Got It from Here… Thank You 4 Your Service』

      2017/06/20

We got it from Here… Thank You 4 Your service – ア・トライブ・コールド・クエスト

2016年11月11日発売

トライブのファンなのに半年以上経ってこのアルバムを知りました(残念1)

ア・トライブ・コールド・クエスト通算6作目のアルバムです。

ぶっちゃけ言います。

やはり、彼らは1993年の『Midnight Marauders』が頂点でした(残念2)

Midnight Marauders – ア・トライブ・コールド・クエスト

『We Got It From Here…』は特に目新しさがありません(残念3)

過去の作品にあった荒削り感が抜け、スムースになりすぎています(残念4)

Q tipは良くも悪くも相変わらずの調子(残念5)、ジェロビは今作で本格的に復帰しているようですが、どの声の人なのかわからない(残念6)w

ファイフ・ドッグは今作が遺作となってしまいました(残念7)。一番存在感のあるラップをしていますが。

今作で気になった曲は

『The Space Program』
『Conrad Tokyo』

かな。

トライブのアルバム1曲目は期待が高い。その期待通りなのが『The Space Program』

ミニマムなジャズトラック。トライブがカムバックしてきた感が強いです。

・・・しかし、アルバム2曲目の『We The People』で、Q Tipソロでよく聴かれるような変なロック調になってしまいます(残念8)

あとは『Conrad Tokyo』。この曲もスムースなジャジートラック。

「Conrad Tokyo, Sapporo, Pistachio」の歌詞がキャッチー。

しかし、

Conrad Tokyo is a five star hotel in Tokyo, Japan. Given the song’s commentary on the US economy, here it represents the luxurious benefits that wealthier classes reap from the financial infrastructure while poorer groups struggle. (Genius)

「コンラッド東京は日本・東京にある五つ星ホテル。貧しい人たちが奮闘しているのに裕福な人たちが搾取した贅沢品の象徴」とGeniusでは訳されている。

・・・東京に対する良い印象の歌詞でもないんすね(残念9)

他の曲は、聞き込めば好きになる曲もあるかもしれないが、パッと視聴したところだと上の2曲。

トライブは好きだけれども、流しの一品になってしまうかな(残念マックス)

残念なことが多すぎるので、こちらで「お耳」直しを!

追記

聴きこむと、結構良い感じのアルバムになってきた。

 - Music