Digital Explorer

ガジェット好きなミニマリスト

竹内まりやの「Plastic Love」が今更ながらすごい

   

最近、Spotifyの「半身浴のススメ」のプレイリストに入っていたFriday Night Plansの「Plastic Love」を聴いてたら、最近の日本人ってこんなに進化してんの?と震え上がったけど、実は竹内まりやがオリジナルの曲。

ひゃー。こんなの聞かないで日本人でいた自分、恥ずかしすぎる。

そしてこの曲、Friday Night Plansだけでなくカバー祭りが勃発中。

1985年リリースの曲だけど、自分は約34年知らないまま。

ひー。

「流行りのディスコで踊り明かす」

なんて歌詞。1985年にしか書けないな。

いいなぁ。

そして1985年あたりに流行ったディスコってどこなんだろうと調べてみた。

社会実績データ図録

1985年でオープンしていた有名なディスコは

  • ビブロス(赤坂)
  • ツバキハウス(新宿)
  • 麻布十番マハラジャ(麻布十番)
  • エリア(六本木)

こちらのウェブサイトを見るとビブロスが雰囲気が合いそうな。

国内のアーティストは勿論の事、来日しているアーティストが必ずと言っていいほど行きたがるナイトスポットだった。

地底人の住む、穴倉のような店内、二段ベットのような客席。。
人の顔も識別できないような暗い店内。中心に備えつけられた稼動式のエレベーターのような踊り場では大音響の中、無表情に身体を揺らしている。

ここで繰り広げられた夜毎の饗宴。
ある意味幻想的なこの空間に人は何を求めに集まってきていたのだろう。
誘蛾灯のようであり不夜城のようなこの場所に夜毎人は集まり朝陽とともに去って行く。

80年代のディスコって90年代に向けてより洗練されて庶民化されていくよりも前の怪しげな場所。

大人の世界。

90年代にオープンしたヴェルファーレなんてサッカーのチーム名みたい。

 - Music