Digital Explorer

目指せミニマリスト。日々の「お!」を記事に。

M1見てて思った。関東人と関西人の発声って違くない?

   

昨日、M1グランプリが開催され銀シャリの優勝で幕を閉じました。M1は好きで、Amazon Videoにある全M1を見返してしまいました。関西弁や方言はすごく好き。なーんの方言もないほぼほぼ標準語で過ごしている横浜住みの自分からするとすごく羨ましい。

しかし、関西弁を話す芸人さんを見ていて、言葉使いが違うだけじゃなくて発声方法も違くない?と思いました。関西弁を話す芸人さんが標準語を話すところを想像しても音質が違うように感じました。

関西独特な音質に聞こえる芸人

Source: Twitter

笑い飯の哲夫。この人の話し方は鼻にかかったような関西人独特の話し方のように感じます。関東でこういう声質の人って会ったことないかなぁ。「あそこ」というのろよく「あっこ」と言ってますよね。「あっこ」というのは江戸弁の子供言葉だそうですが、現在では関西のみならず色々な地方で話されているようです。

Source: ロイツが何か

和牛の川西(右の人)。この人の発音、めちゃくちゃ綺麗。聞いてて心地の良い音質。ネタの設定で女性役も多いのですが、品のある小マダムな感じ。いつまでも聞いていられる関西弁。「もうええわ」の声が芸人仲間からも絶賛されているようです。


Source: つぶやきブログ

千鳥のノブ。笑い飯の哲夫を低音にしたような感じ。鼻から音が出ているのか?よくわからないけど、やっぱりこういう音質の関東人はあんまりいない気がする・・・。いるのか?

関東・関西で発声方法の違いがあるみたい・・・

気になったのでネットで調べてみました。

Ⅰ.発声方法の違い
実は、言葉には、2つの発声方法があります。
口発声→主に、関東諸方言、標準語、中国地方や九州地方、東北地方の諸方言の
発声方法です。
喉発声→主に、関西諸方言、北陸諸方言、四国諸方言の発声方法です。
英語や仏語の発声方法も喉発声をします。

Ⅱ.発声の仕方
口発声
喉の奥に声帯という声を出すための器官があります。
その声帯を閉じた状態にし、一気に息を吐き出して、口の形で声を作り出します。
結果、ハキハキした言葉が話せます。
喉発声
喉の奥に声帯という声を出すための器官があります。
その声帯を半開きにした状態で、ゆっくりふわぁ~と息を吐き出しながら、口と舌を
巧みに動かして、喉の奥から声を響かせます。
結果、はんなりした言葉が話せます。(Yahoo!「関西弁の話し方」より抜粋)

というわけで、関東と関西で口発声と喉発声の違いがあるということはわかりました。自分で試しに「アイウエオ」と言ってみたら確かに自分は口発声なのか、喉の奥は緊張させて閉じている感じ。わざと喉の奥をリラックスさせて開いたような感じで発声してみる(喉発声)と慣れないせいなのか、うまく発音できない。だらけすぎている感じ。言葉を発すると同時に鼻に息が抜けていく感じもあるので、これが関西弁に感じる独特な鼻にかかったような音質なのだろうか?

いや、でもよくわからない。この発声方法の違いだけじゃない気がする。というわけで知っている人がいたら教えてください。

 - Miscellaneous