Digital Explorer

ガジェッター・ミニマリスト・足つぼ師・温泉ソムリエ。時々、非二元性

ゆったりできる美術館『横須賀美術館』に行ってきた

   

Yokosuka_Museum_of_Art_2009以前から前を通るたびに気になっていた美術館、『横須賀美術館』に今日行ってきました。上の写真が正面からの写真なのですが、前面に芝生のスペースを置くという空間の使い方が、もう入る前から期待値が上がりますね。

横須賀美術館では、年4回の所蔵品展を開催し、所蔵する日本の近現代の美術作品や、横須賀ゆかりの作家の作品などをご紹介しています。本館地階をめぐる回廊式ギャラリーではおよそ年代順に作品を展示し、ギャラリーの途中にある展示室ではそれぞれテーマを設けて展示しています。

横須賀ゆかりの作家の作品を見るというのが個人的にはとても面白かったです。自分は横須賀のそばに住んでいるのですが、なんだか近親感が湧く感じです。似たような生活環境の中から生み出す作品を眺めて、感慨深くなりました。

一つ一つの作品をゆっくりと誰にも邪魔されずに眺めることができたのでとてもよかったです。絵画と向き合うのはある種の「瞑想」ですね。言葉でなく「作品そのもの」と交信するような感じです。

美術館は土曜日なのに混雑することなく、ゆっくりと作品を眺めることができました。東京のメジャーな美術館に行くより、こういうローカルな美術館でゆっくりと時間を過ごす方が自分にとっては性に合っているようです。天井も高く、開放感のある美術館でした。

IMG_4301こちらは屋上からの写真。今日は天気が良くなかったのが残念でしたが、東京湾、対岸の千葉が見渡せます。天気や季節が良い時だとのんびりできますね。裏道が山のハイキングコースへとつながっているようでした。

IMG_4302美術館の楽しみの一つ、ギャラリーショップでのお土産ですが、今日ピックアップしたのは絵葉書でも文具でもない、『榮太棲(えいたろう)』の飴です。うちの祖父母が缶に入った飴をよく持っていてもらった記憶があります。梅味は初めてですが。

カフェ・レストランもありますので、海のそばでゆっくりとした時間を過ごすのにはぴったりの場所です。ぜひ一度足を運んでみてください。

横須賀美術館
ウェブサイト
Google Maps: https://goo.gl/maps/dvpCeV7X56H2
開館時間: 10時〜18時
休館日: 毎月第1月曜日(ただし祝日の場合は開館)

 - Miscellaneous