Digital Explorer

ガジェッター・ミニマリスト・足つぼ師・温泉ソムリエ。時々、非二元性

【非喫煙者VAPE】懐かしい香り?なにわでんねん 緑茶リキッド「熊汁りらっちゃ!」

   

なにわでんねん「りらっちゃ!」(ベプログshop)

大阪発のブランド「なにわでんねん」さんの緑茶リキッド「熊汁りらっちゃ!」が届きました。

コテコテの関西という感じだなーと思いつつ購入。

コーヒー・紅茶・フルーツリキッドの甘い系、メンソール系のスースー系。そのどちらかを行ったり来たりしていたのですが、この緑茶はどちらにも属さなそうなすっきり系とのこと。

まずはSerpent Alto 0.68Ω 15Wで実煙

いつものセッティング(というか一回巻くとそのまんま使い続けてます)でコットンだけ変えてパフパフ・・・。

・・・あれ、意外と甘いぞ・・・。

そう、すっきり系と書かれていたので甘みはないのかと思ったら意外と甘い。そして緑茶の香りは残念ながらわからない・・・。

何の味かと表現するのがとても難しい・・・。思い出すのが、おばあちゃん、法事、親戚、畳の部屋、昭和、甘納豆・・・。

今年は平成29年だが、おそらく平成になってからは嗅いだことのないような香り。吸いながらの連想ゲームが香水にまでいったところで一回ギブアップ。ちょっと自分には向かない味。

ハズレのリキッドかも・・・。

抵抗値を上げて再度チャレンジしてみた

一晩経って、そのまま吸わないのも勿体無いので、抵抗値を上げて再度チャレンジしてみました。確か、抵抗値が高い方が緑茶感が出るとのことだったので。

Serpent Alto 0.92Ω 18W

・・・うん、こっちの方が味がさっぱりしていてまだ吸える(←うまい、とまでは言えない・・・)。

高抵抗の方が、味がもっと出るかと思ったのですが、このリキッドではいい具合に味がフラットになって吸いやすくなりました。

そして20Wぐらいが味の立ち上がりが早くてボク的にはちょうどよかったです。

こちらのリキッド、海外産だとしたら緑茶のニュアンス間違えてると捉えられるのですが、国産でこれで緑茶か・・・と本当に微妙な味です。

昭和のどこか懐かしい香りを思い出させてくれる、そんな一品でした。

ただ、コイルの抵抗値で味が変わるということが勉強できたのでヨシとします。

 - Gadgets, Miscellaneous