Digital Explorer

ガジェッター・ミニマリスト・足つぼ師・温泉ソムリエ。時々、非二元性

ウチ母が「マイコプラズマ肺炎」と診断。防御策として「マヌカハニー」買ったった

   

ウチ母の咳が続いていて先日病院に行ったら「マイコプラズマ肺炎」と診断。

マイコプラズマ肺炎
マイコプラズマ肺炎というのは、非定型肺炎とも言われていて、就学前の幼児や若い人がかかることが多い病気であると言われています。また、マイコプラズマ肺炎は、肺炎全体の約10-20%を占めていて、「うつる肺炎」と言われているようです。数年に一度、大きな流行を起こすことがあると言われています。(WELQ)

「うつる肺炎」??!!

・ マイコプラズマの感染力は弱いが、感染性は高い
・ マイコプラズマは咳やくしゃみでうつる
・ マイコプラズマに感染しやすいのは家族間

やばい。ということで、マヌカハニーを買いにイオンへ駆け込んで来ました。

img_5910コンビタ マヌカハニー UMF 5+ (Amazonでも売っています。こちらからどうぞ)。健康改善目的にマヌカハニーを購入する場合はUMF基準ではUMF10以上、MGO基準ではMGO100+以上のマークが付いたものを購入することをおすすめとのことですが・・・。

コンビタ マヌカハニー
・ 高い抗菌活性力を持つマヌカハニー(UMFは抗菌作用を示す指標)
・ 喉や風邪対策、また美容や健康維持の為におすすめの健康食品です

これね、マヌカハニーでガンが治っただとか、喉の痛みが一回舐めただけで引いたとか、本当かいな?と思っていてちょうど興味があったんです。

マヌカハニーの効能があるとされるもの (ALL ABOUT マヌカハニー)

・ ピロリ菌、大腸菌、腸球菌、消化性潰瘍、化膿レンサ球菌などの胃腸疾患の改善
・ 虫歯、口内炎、歯周病の治療・防止
・ 喉の痛み、鼻のつまりの改善、風邪、インフルエンザの予防
・ 整腸作用
・ ガンの予防・治癒
・ コレステロール値の低下
・ 糖尿病の改善
・ 副鼻腔炎の治療
・ 創傷、切り傷、火傷の治癒
・ 炎症を和らげる

まあ舐めていれば色々カバーできそう。いいじゃん。あと食べて摂るだけでなく、切り傷などの外傷にも直接塗ったりするようです。ニュージーランドの病院では医療用に使っているらしいですよ。

img_5911中身はこんな感じの色。普通のはちみつと違ってドロドロが強いですかね。

img_5912小さじ一杯分ぐらいを摂取。味は癖がなくて美味しい!毎日でも食べられる!というか、もっと食べたいぐらい。

口の中でゆっくり溶かすように食べてますが、味は本当に美味しい。キャンディーでこれがあればいいのに。効果はいまいちまだわかりませんが、今のところ肺炎症状は発症していません。

先日、ウチ母、ウチ姉共々、咳をしまくっていたのでもう感染しているかもしれないですが、とりあえずこのマヌカハニーで予防できるか実験してみます。UMF10以上じゃないとダメかなー。あとは手洗い、うがいで対応。皆様もお身体お気をつけください。

 - Miscellaneous