Digital Explorer

目指せミニマリスト。日々の「お!」を記事に。

外国人にとって日本語はどういう風に聞こえる?

      2016/09/13

japan-1447410_1920

最近、ネットで見かけたのが外国人にとって日本語はどのように聞こえる?という内容で、大まかな答えは次の通りでした。

・早口に聞こえる
・アクセントがない
・韓国語のように聞こえる(区別がつかない)
・怒っているように聞こえる

ウーン。どうなんでしょうか。気になって、カナダ人の友達に聞いてみたのですが、彼の答えと自分の感想は次の通り。

早口に聞こえる「YES」

これは母国語以外の言語を聞く時のデフォですね。自分たちも他の外国語を聞くとやたら早く喋っているように聞こえますよね。使い慣れた言語だとあんまり意識的にならないでも口からダラダラっと言葉が出ている気がします。

アクセントがない「YES」

日本語には抑揚があまりありません。90年代ごろ、アメリカのヒップホップを聴いていた頃、日本にはラップなんて不可能だと思っていました。最近では日本のラップも他の言語と遜色ない感じで素敵ですね。あんまり聞かないですけど。

韓国語のように聞こえる(区別がつかない)「YES」

これ正直、自分も区別がつかないことがありました。

カナダに住んでいる時に、サウナに入ったのですが、そこでアジア人男性が話をしていました。少し離れた距離だったのでしっかりと聞き取りはできなかったのですが、日本語のような、でも違う言語のような、ずーっと聞き耳を立てていたのですがしばらくどちらの言語を話しているのか区別がつきませんでした。

韓国語と日本語はほぼ同じ発音数だとか。似たような単語もいくつかありますしね。

怒っているように聞こえる「NO」

これは「NO」とのことでした。人にもよるのかもしれないですが。

ただ、北朝鮮のテレビなどで真剣なニュースを読み上げている時の発音は怒っているというか、なんだか怖い感じがしますよね。

日本の民放の芸能人とかのくだらないゴシップを放送するときにこの北朝鮮のニュースのような抑揚で話していることを聞くことがあります。それを考えると「怒っている」というか、「洗脳されているっぽいような話し方」をすることがテレビとかではあるのかなと思います。

日本語を聞く外国人の気持ちが分かる方法

tv-1529259_1280

というわけで、日本語を母国語としているとなかなか日本語が外国人にどのように聞こえているかがわからないですが、一つ方法があります。テレビなどのボリュームを下げて聞くと外国人がどのように日本語が聞こているかがわかります。

今、ちょうど隣からジャイアンツ戦のアナウンスが流れているのですが、ここの部屋までは十分に聞こえるボリュームではありません。日本語の内容がはっきりとわからないとただの音として日本語が聞こえてきますね。

確かに、早く聞こえますし、言葉が一定の音域でありながら、ジェットコースターのように上下している感じはありますね。こう言う風に聞こえているんだ・・・。これを言語としてキャッチして理解するのは大変かもねー。

 - Miscellaneous