Digital Explorer

ガジェット好きなミニマリスト

「GU」と「ユニクロ」の違いがクッキリとしだした。

      2018/03/21

unigu

ファーストリテイリングの2016年8月期決算は、営業利益が前期比22.6%減の1272億円と大幅な減益に終わった。天候不順や価格戦略の失敗により国内のユニクロ事業が減速したことが一つの要因。その中で目立ったのが、ジーユーの成長だ。(@Niftyニュース)

最近、「GU」がアツいらしい。

オシャレにお金をかけていた友達も最近では「GUいいよ〜」とGUで固めたファッションになっていた。

もともとオシャレな人だからか、普通にオシャレに見えた。

GU(ジーユー)
株式会社ジーユー(G.U. CO. ,LTD.)は、東京都に本社を置く、「GU」ブランドで衣料品の製造・販売を行う企業である。ファーストリテイリングの完全子会社。
UNIQLO(ユニクロ)
株式会社ユニクロ(UNIQLO CO., LTD)は、「UNIQLO(ユニクロ)」の店・ブランド名で、実用(カジュアル)衣料品の生産販売を一括して展開する日本の会社である。ファーストリテイリングの完全子会社。

どちらもファーストリティリングの子会社であるが、GUとユニクロの違いは以下の表のようにまとめられる。

GU ユニクロ
価格 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
ターゲット層 若い世代、女性 全世代
品質 ☆☆☆ ☆☆☆☆☆
コンセプト 最旬トレンドを気軽に、誰でも楽しめるジーユー 高品質で低価格

靴下5足で590円。安い!・・・でも・・・

80_277337 そして、今日GUに行ってみた。結論から言えば「自分が求めているものはなかった」。

ユニクロと似て、ベーシックなデザインのものもある。しかし、トレンドを重視しているせいか、保守的ファッションな自分にとっては手が出しにくい商品が多かった

ターゲット層が男性よりも女性だからか、女性のお客はたくさんいた。

友達同士の女性客の二人がメンズコーナーでメンズものの上着を羽織って「○○が着ると、メンズものだってわからなくなるよね〜」と話していた。オシャレな感じの女性たちだったので、「ふーん、そういう風に着るのもありなのね」と自分は心のなかで感心した。「トレンドを気軽に楽しむ」というコンセプトのまんまの世界がそこにあった

靴下ぐらい買っていこうかなとユニクロよりも安い価格の靴下を触ってみた。ユニクロであれば3足で1,000円のところが、GUでは5足で590円。

「・・・う、薄い・・・」

すぐに穴が開いてしまいそう。値段がいくら安くてもなぁ。

しかし、GUのコンセプトはわかりやすくなった

161017_pc_mainvisual05しかし数年前のGUと比べて明らかに違うのは、単なるユニクロの低価格版ではないということ。

GUのファッション感度が上がりオシャレに敏感な若い子達をターゲットに絞っていることで、ブランドのコンセプトがわかりやすくなっている。

ユニクロが日本で始まったばかりの頃、自分は正直「どうしようもない品質の無印に似たブランド」と感じていたが、今では縫製や品質の面においてはこの価格帯のブランドでは一番だと感じる。

最近のGUの成長もそういうブランドのわかりやすさを示したところによるものだろうか。いや、これって「キャラ立ち」ですよね。自分のブログもそういう「キャラ立ち」が必要なんだけど・・・w

 - Miscellaneous