Digital Explorer

ガジェッター・ミニマリスト・足つぼ師・温泉ソムリエ。時々、非二元性

『ぎらりと光るダイヤのような日』 茨木のり子

   

ぎらりと光るダイヤのような日

茨木のり子

短い生涯、とてもとても短い生涯
60年か、70年の

お百姓はどれだけの田植えをするのだろう。
コックはパイをどれくらい焼くのだろう。
教師は同じことをどれくらいしゃべるのだろう。

子供達は地球の住人になるために
文法や算数や魚の生態なんかを
しこたまつめこまれる。

それから品種の改良や
りふじんな権力との闘いや
不正な裁判の攻撃や
泣きたいような雑用や
ばかな戦争の後始末をして
研究や精進や結婚などがあって
小さな赤ん坊が生まれたりすると
考えたり、もっと違った自分になりたい
欲望などはもはや贅沢品となってしまう。

世界に別れを告げる日
人は一生をふりかえって
自分が本当に生きた日が
あまりにも少なかったことに驚くであろう。
指折り数えるほどしかない
その日々のなかのひとつには
恋人との最初の一瞥の
するどい閃光などもまじっているだろう。

<本当に生きた日>は人によって
たしかに違う。
ぎらりと光るダイヤのような日は
銃殺の朝であったり
アトリエの夜であったり
果樹園のまひるであったり
未明のスクラムであったりするのだ。


倚りかからず (ちくま文庫) 文庫 – 2007/4/1
茨木 のり子 (著) (Amazon)

下手な英語ですが、勝手に翻訳してみました。

Sparkling Diamond Days

Noriko Ibaraki

Short life, very very short life
of 60 or 70 years

How many times do farmers transplant rice?
How many times do cooks bake pies?
How many times do teachers talk the same things?

Children are forced to learn
grammars, maths, organism of fish
to become citizens of the world

And then, improvement of breeds,
fight against irrational power,
attack of injustice,
chores that make you feel like crying,
wiping up stupid wars,
research, devotion, marriage etc. occur
and a small baby is born
Desire of thinking, wanting to get a different identity
becomes too luxury

The day when you say good bye to the world
People look back their life
and get surprised to know
how few days you truly lived
The sharp flash of the first glance with your beloved one
may be included in the counts on your fingers

“Truly lived days” should differ by individual
Sparkling diamond days can be
a morning of gundown
a night at atelier
a daytime at fruit garden
a scrum before dawn

 - Miscellaneous