Digital Explorer

ガジェッター・ミニマリスト・足つぼ師・温泉ソムリエ。時々、非二元性

大食い選手権?鎌倉の有名店『キャラウェイ』でカレーを食べた

   

鎌倉は家から近くてよく遊びに行きます。最近、食べ歩きの風潮が強い小町通りですが、一軒いつ行っても行列のある喫茶店のようなカレー屋さんが小町通りから少し入ったところにあります。先日行った時に、いつもだったらある行列がその時はなかったので入ってみることにしました。

懐かしい昭和な雰囲気の店内

待たずに入ることができたのですが、「相席でもよろしいですか?」と他のお客との相席を案内されました。「相席」なんて何年ぶりだろう。店内はそこまで広くはなく、他のお客との「間」も狭いです。メニューを見るとシンプルなメニュー表でした。自分はその時、タモリの『カレーはチキンが美味しい』という言葉が降臨し、チキンを頼むことにしました。

キャラウェイ・メニュー抜粋

ビーフ 760円
チーズ 760円
エッグ 760円
ポーク 660円
チキン 660円
ホタテ 960円
ハヤシ 660円

圧倒的なご飯のボリューム

周りの食べている人たちのご飯のボリュームを見ると尋常ではありません。オーダーするときにはしっかり「小盛で」と念を押しました。普通盛で普通盛りで550g、小盛りで300gとのことで、小盛だと30円引きでした。

2015-12-01 11.37.58-1カレーにご飯だから出てくるまでそんなに時間はかからないかな?と思ったら、結構かかりました。しばしiPhoneをいじって時間をつぶしました。「お待たせしましたー」と席に飛ばされてくるかのように自分の前にトレーを置かれました。カレー、レーズンの乗ったご飯、ミニサラダがトレーに乗り、あとはテーブルにあるチャツネ、福神漬けなどの薬味が数種類をお好みで入れます。

いただきまーす、と食べ始めたのですが、小盛でもかなりの量で味よりも「全部食べられるかなー」ということに意識がいってしまいました。周りもおしゃべりしているグループもいるのですが、皆黙々と大量のご飯とカレーを食べ続けている印象でした。

味の方ですが、チキンカレーのチキンは煮込まれて原型はなく、筋状になったチキンが見える程度です。チキンの食感はほぼありません。辛さは小辛という感じでしょうか。辛いのが苦手な自分でも大丈夫な辛さです。チキンとビーフを見比べてみると、チキンの方が色が薄く、そこまで辛いようにも見えません。

IMG_2358隣で友達が食べていたビーフカレーがこちら。ご飯は普通盛りです。こちらもビーフの原型はない感じでした。味としては、個人的にはビーフ味の方が良かったかなと思いました。あとご飯ですが、うちの実家のご飯を思い出しました。うちの父がご飯を炊いているのですが、柔らかくするために水を多めに入れています・・・。そんな固さのご飯です。

大食い選手権に出場したかのような満腹感

後ろの若者グループが「まるで大食い選手権みたい」と話していたのですが、確かにそんな雰囲気です。660円でもう満腹。低価格でも満足してもらいたいというお店の取り計らいなのかもしれないですね。席は狭いので寛いで食事をするというよりはカレーのみに集中して食事をするという感じです。帰り際にレジのそばに見えた、一つ一つのボウルに入っているサラダがまるで「わんこそば」のようにも見えました。

カナダのバンクーバーにあるElbow Roomというカフェレストランを思い出したのですが、ここもカナダにしては狭いお店で店員がお客に(冗談ですが)喧嘩ごしに話してくるお店です。自分は地元の人に連れて行ってもらったのですが、ネイティブレベルでない自分の中途半端な英語力で逆に店員を困らせたことあります。ここは全部食べないと寄付を支払うことを請求されるそうです。

キャラウェイ
JR鎌倉駅から徒歩5分
住所:〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2-12-20
電話:0467-25-0927
Google Map: https://goo.gl/maps/P6ZHYypfg3q

 - Miscellaneous