Digital Explorer

ガジェット好きなミニマリスト

2017年 不朽の名作 ちばあきおの『キャプテン』『プレイボール』が戻ってくる!!

   

source: ORICON NEWS

1984年に41歳の若さで早世した漫画家・ちばあきお氏による野球漫画の不朽の名作『キャプテン』『プレイボール』が38年ぶりに復活し、“その後”を描く新連載が4月5日発売の『グランドジャンプ』9号(集英社)でスタートすることが14日、明らかになった。きょう15日発売の同誌6号で発表され、『おれはキャプテン』『グラゼニ』(「森高夕次」名義)などで知られるコージィ城倉氏が続編を描く。(Yahoo!ニュース)

待ってました!!野球漫画で自分が唯一小さい頃から読んでいたちばあきお氏の『キャプテン』『プレイボール』のその後が戻ってきます!!!

描かれるのは『プレイボール』の谷口、高校三年のその後

続編のあらすじとして、「高校3年生になった谷口、高校最後の夏の戦いが始まる。墨谷二中で彼の後を継いでキャプテンを務めた丸井、イガラシらとともに、甲子園を目指して猛特訓開始ー!!」と明かされた。

谷口、高校三年。無名の墨谷高校を二年次の夏にはベスト8になるまで成長します。イガラシや井口なども新入生として加入しより一層強いチームになると思いきや、練習試合の谷原高校戦でボロ負け。河川敷(*)までランニングをするところでちばあきお氏の『プレイボール』は終わっています。(*倉橋は「学校までランニングだ!」と言ってますが、河川敷に到着しています。もしくは河川敷は通過点?)

この後のチーム一体どうなるの?甲子園へは行けるの?行けないの?と一年に一回ぐらいは眠れない夜を過ごしてました。「誰か、続編作って!!!」・・・この長年の思いがついに叶いました。

コージィ城倉氏ってだれ?画風は作品中期ぐらいみたい

コージィ城倉氏プロフィール

コージィ 城倉(コージィ じょうくら、1963年 – )は、日本の漫画家、漫画原作者。長野県出身。初期のペンネームはコージィ♡城倉(『おれはキャプテン』開始時に♡を外す)。漫画原作者としてのペンネームは森高 夕次(もりたか ゆうじ)。(Wikipedia)

1963年生まれということは『キャプテン』『プレイボール』リアルタイム世代ですね。『キャプテン』『プレイボール』の昭和風景をそのまま体験している作者なので、あのほのぼのとした景色は再現されそうですね。

気になるキャラクターの画風ですが、上の宣伝用のものを見た限りだと、ちばあきお氏の『プレイボール』の初期後半〜中期ぐらいの印象がありますね。谷口が一年生ながらキャプテンとして選出されて先輩相手に練習をしていた辺り。丸井は「黒鼻強め」丸井。イガラシは中学時代の印象。

個人的には作品後期のちばあきお氏の描き慣れた感じの画風が好きなのですが、これは別の作者が描くのでしょうがないかな。

予想!果たして甲子園へは行けるのか?

ほぼ100%行けると思います。最後のコマで「墨谷の甲子園への道は遠くはない」で終わってしまった『プレイボール』。38年越しの伏線回収をしてもらいたいものです!リアリティを追求するとしたら甲子園2回戦敗退ぐらいがリアル。公立高校で初出場、初優勝は夢レベル。

読者としては優勝も嬉しいですけど、ちばあきおイズムを継承するのであれば、甲子園出場で「やったー!」でも2回戦ぐらいで負けて「ま、そんなもんだよねー」のリアルな方が良い

この漫画、魔球が出てきたり、連勝したり、双子と隣の可愛い子ちゃんが三角関係になったりというのはなく、ひたすら丁寧に少し昔の野球部の活動が描かれています。正確に言えば初期『キャプテン』はちょっと誇張されているけれども、イガラシ世代が終わった後の近藤世代では「勝つことではなくて次世代の成長の架け橋として」の現実的な世界が描かれてます。

さて、各キャラクターがどうなるかの大胆予想。

谷口 淡々と黙々と練習を重ねそう。『プレイボール』後半ぐらいから、倉橋以外とはあまり接していなかったようなのがちょっと気になる。続編ではもうちょっとココロを開いてほしいw

丸井 夏は墨高でプレイヤーとして出場、近藤の応援(お節介)で忙しくなりそう。

イガラシ 内野手に転向したけど、絶対どこかでピッチャーとして復活しそう。

井口 怪我をしそうw もしくはムラっ気が出て退学or退部の危機に。

倉橋 松川との縁が薄くなりそう。

島田 目立たないけれども、影が薄くなりすぎずのちょうど良い具合で登場しそう。

横井 「うちかった時の気持ちを忘れず」頑張りそう。

加藤 加藤二人説または制服フェチ説の回収を・・・w

松川 ベンチ要員。ピッチャーとしてまた出てきたら嬉しい。

戸室 大事なところで起死回生の一発が出る・・・か。

鈴木 ベンチ要員。また留年する?

半田 ベンチ要員。頭脳戦ではまだ出てくるか・・・。マネージャー兼プレーヤー。半ちゃんも何気に留年組なのよね。

近藤 夏の地方大会、決勝戦負け。墨谷高校の甲子園一回戦を見にくる。「暇だったから来た」とうっかり言うのを丸井に聞かれシバかれる。

田所 甲子園出場し、お店をほったらかして甲子園へ応援に行ったことが仇となって店が傾く。ようやくタバコが堂々と吸える年ですね。

いずれにせよ、『キャプテン』『プレイボール』の続編を描いてくれる人がいるというのは本当に楽しみ!

 - Miscellaneous