Digital Explorer

ガジェッター・ミニマリスト・足つぼ師・温泉ソムリエ。時々、非二元性

[目指せミニマリスト] 新規事務所用の家具を買えなかった・・・

   

klippan-ren-gua-kekonpakutosofa-gure__0417753_PE575650_S4昨日はIKEAに朝から行って事務所用の家具を買おうとしたのですが・・・買えませんでした。お金がないとかいうんじゃなくてね。まず、一番お目当てだったこの上のソファを買おうとしたのですが重い。かなりの重量で友達に手伝ってもらって運ぼうにもエレベーターなしの4階はかなり大変だろうと断念。あと幅が138cmは微妙に狭く、2人で座るのはちょっと無理なサイズ感。
hemlingby-ren-gua-kesofa-gure__0355330_PE543106_S4そこでこちらのソファに目が移りました。こちらは幅は145cmで座る面積も上のソファに比べると広いせいかゆったりと座れる感じ。重さも35kg。これならいけるか・・・。と実際にIKEAの倉庫から取り出してみたのですが、これまたデカイ!車に乗りきらないと判断し買うのをやめました

新規事務所にソファは無理・・・

4階にある部屋だと配送業者に頼まないとソファの搬入は基本無理だなと判断しました。そして何よりも気持ち的に大きなものを購入する時は「これ捨てる時どうするんだろう?」と処分する時のことを考え始めてしまっている自分もいました。精神的に大きなものが買えない・・・。気持ちが二転三転とグルグルしだして、結局、食器類などの小さいものしか買いませんでした。

いや、でも処分する時のことを考えて止めたと言うより、本当は今のメインでお金が入ってきている仕事がウンザリし始めているというのもあります。色々と自由にやらせてもらってはいるんですが、何となくやりたいということではなくなってきている感じです。うまく言えないですけど。我慢してやっている感じが強くなってきているというか、モノを捨て始めて、そういう快適・不快のレーダーが強く作動しているような気がします。

「歩合給」より「存在給」を上げたい、認めたい

もうちょっとは続けてみようかなとも思うのですが、もう仕事辞める方向の後押しもしくは何らかの今の自分の状況を照らすものを探し出しているかもしれません。

心屋さんの本・ブログを読んだりして「存在給」を上げるということに意識がシフトしている感じです。通常のお仕事として自分が頑張っただけもらえるものが「歩合給」で、自分の真の価値を認めることからもらえる「存在給」。

頑張って、頑張って、頑張っての「歩合給」から
頑張らないで、頼って、任せての「存在給」へのシフト。

今の仕事は楽しいからやっているというよりも、他人に迷惑をかけないように頑張って仕事をしている感が強いなと感じるようになってきていて、仕事の内容も我慢してやっているということが増えてきている感じがするのです。

自覚しているところとしては「人を信用してない」というのがあります。どうしてもカバー、フォローばかりに自分がまわり、「どうせあの人はこの程度しかできないだろうな」と見下して仕事を任せない。任せたら負担に思うだろうなとかいうものありますが・・・。

しかし、そうなってくると自分の仕事内容がドンドン増えてきて、もう限界寸前。ドンドン回せばいいんですけどね。ま、回したところで自分に振り当てられる仕事内容がそこまで好きなものでもないのでそろそろ潮時かな・・・と。と思ったら別件の仕事が入った。

追記

そしてカバンからお金が11,000円出てきた。いつのだろう…。

 - minimalist