Digital Explorer

ガジェッター・ミニマリスト・足つぼ師・温泉ソムリエ。時々、非二元性

vci-100のファームウェアをアップデートする!

      2015/12/13

 

DJ TechtoolsのEanさんのページを読めば読むほど、色々とマニアなことが書かれています。

vci-100のファームウェアについて、ちょっと衝撃的なことが書かれていました。

ファームウェアとは、ハードウェアの基本的な制御を行なうために機器に組み込まれたソフトウェア。機器に固定的に搭載され、あまり変更が加えられないことから、ハードウェアとソフトウェアの中間的な存在としてファームウェアと呼ばれている。パソコンや周辺機器、家電製品等に搭載されており、機器に内蔵されたROMやフラッシュメモリに記憶されている。

IT用語辞典より抜粋

vci-100のそもそものファームウェアはバージョンが1.1か1.2らしいのです。

1.1の場合
ramp up(暴走?)問題がある、とのこと。
ホイールが回るのをやめたときに、手を離していないのに、ジョグホイール・タッチセンサーがとまる、とのこと

1.2の場合
vci-100の裏(後ろ)に緑のステッカーが貼られているもの。
スクラッチボタンとジョグボタン(それってどこよ?)を同時に押したときに、ピッチを変えられない。
cueセクションがマッピングの問題を起こしているとき、四番目のFXボタン(それって何?)が同じメッセージを送る。(←意味不明すぎる・・・)

まあ、要は、バグがあるというらしいのです。
で、Eanさんは、DJ Tech Tools独自のファームウェア、バージョン1.3を作ったわけなのですが・・・そのアップグレード方法がマニア過ぎる。。。ココロ折れます。ポキポキと。

ここにそのやり方とビデオが出ています。

1 まずはDJ Tech Toolsで販売しているファームウエアアップグレードキットを買う。(US$19.99←そんなに高くないね)
2 VCI-100SEのファームウエアをダウンロードする。
3 ファームウエア・アップグレードのソフトをインストールする。(windowsでしかできないみたい)
4 DJ Tech Toolsが出しているMidiマップファイルをインストールする。

わーい。たったの4工程。しかも、金銭的には20ドル!

・・・が!

上記のリンクのビデオを見てもらうと分かるのですが、vci-100の中身を開けての、かなりの大手術です(汗)。・・・ちょっと、今の段階ではジャンプできない・・・。

と、自分はEanさんの信徒なので(笑)、すべて彼の言うことを鵜呑みにしていますが、
彼自身はvestaxの社員とかではなさそうです。色々と提携はしているのでしょうが・・・。
しかし、このvci-100のファームウェアにバグがあるのをvestaxが知っているのであれば(おそらく知っているでしょう)、
アップデートすべきなのでしょうが、なぜしないのでしょう?

というか、自分はvci-100を購入2日目なので、バグなのか、自分の操作が悪いのかわかりません(笑)。
自分の操作自体がバグなんです(笑)。

しかし、ネットでvci-100のバグと検索してもあまり出てこない模様。
これは日本版にはないのかしら?それとも、気づいていないだけ?

Eanさんがビデオで彼自身のマッピングを説明していると、ついつい自分も欲しくなります。そして、Overlaysという簡単にvci-100に取り付けられる、シートのようなものがあります。これを貼れば、彼のマッピングに合せたデザインになっています。
かっこいい。。。US$29.99也。

文字のフォントが良い感じです。単なるシートとは言え、指紋がつかないようになっていたりして、意外と頑丈らしいです。シルバーで、しかも文字の入っていないやつもあります。US$19.99也。これもシンプルでかっこいい。

まあ、もう少し落ち着いたら、アップデートなり、シートの取り付けを考えましょう・・・。
(・・・と言いつつ、フェーダーを試しに一個取ってみたりした・・・)

 - Gadgets