Digital Explorer

目指せミニマリスト。日々の「お!」を記事に。

懐かしすぎる。パソコンサンデー。エラーマンの小倉さん・・・。

   

『パソコンサンデー』は、テレビ東京系列局(メガTONネットワーク、後のTXN)ほかで放送されたテレビ大阪制作のパーソナルコンピュータ関連の情報番組である。シャープの一社提供。テレビ東京系列局では1982年3月7日から1989年6月25日まで、毎週日曜 9:30 – 10:00 (JST)(但し、1982年4月4日以降) に放送されていた。(Wikipedia)

自分が小学生の頃に見ていたパソコン番組。よく見ていました。見てはいたけど内容が濃すぎて最初のゲームの紹介だけ見てあとは自然とチャンネルを変えてフェードアウトしていたような・・・w

最近はここまでコアにパソコンを紹介する番組ってないですね・・・。YouTubeで個人的に紹介するものはありますが。「パックマン」や「めぞん一刻(!)」ゲームの裏技コマンドの紹介など、一体誰に向けての番組だったのだろうと唯一無二感が強いです(逆にこれってマーケティング的には良いんですけどね)。

小倉さんも今でこそデジタルものに無関係な印象がありますが、この番組では結構オタクっぷりを発揮しています。実際Wikipediaにはこのように書かれていました。

AV(音響・映像)関係に造詣の深いオーディオマニアとして知られており、CDは毎日3枚、DVDは1枚視聴することを自らに対するノルマとしており、その成果は番組中に紹介される推薦盤で垣間見ることが出来る。(Wikipedia)

意外とデジタルもの強そうですね。上のYouTube動画では小倉さんは普通にMCしていますが、これよりちょっと前(?)は「エラーマン」としておどけた役で出演していたと思います。その印象が強くて、『とくダネ!』などで偉そうな発言をしていると「エラーマンのくせに・・・」とついつい思ってしまいますw

この番組X1やらX68000やらシャープ系のパソコンが多いと思ったら、スポンサーは思いっきりシャープでした。

X1は友達が持っていてよく遊ばせてもらいました。マッピーとかゼビウスとか・・・。ああ、懐かしい。

パソコンテレビ」と銘打ち、専用のディスプレイテレビまたはオプションのデジタルテロッパーと組み合わせることで、テレビ画面とパソコン画面の重ね合わせ(スーパーインポーズ)を実現。また、パソコンのサブ電源を切っていても(80C48省電力チップ制御により)、キーボードやプログラムからテレビのチャンネルや音量を操作できた。(Wikipedia)

スーパーインポーズ!!!この言葉、懐かしすぎる・・・。テレビを見ながらパソコン操作ができたんですよね。X1は羨ましかった。しかし、その後、しばらくして買ったパソコンはPC-8801mk2FR。シャープ製品からは離れました。その後、X68000が出た頃にはパソコン熱がなかったのでいつ頃出ていたのかもちょっと不明です。友達の友達が持っていてネット通信をしてチャットしていたのを見たことがあります。それがインターネットを初めて見たときかなぁ。Windows95が出る前です・・・。

と、個人的な懐かし話になりましたが、パソコンサンデーはボクが小学生の頃にワクワク感のあった番組でした。しかしコアな部分は今見ても意味がわからない・・・。

 - Gadgets