Digital Explorer

目指せミニマリスト。日々の「お!」を記事に。

『Bones(ボーンズ-骨は語る)』をHuluで見始めた

      2016/10/07

skull-476740_1920

Huluで8シーズンもあったので見始めたら大変なことになる!と思っていたにもかかわらず、見始めてしまいました、『ボーンズ』。骨。正確にいえば、これ今回が初めて見始めたのではなく、1話は少し前に見てました。あんまり面白くなく感じて他のを見始めた記憶があります。でも、まあ、今回になって今、ずーっと見続けています。今の所、松田聖子が出ると言われるシーズン5の途中までですが。(ちょっとネタバレがあるかもだから注意してください)

ここがダメだよボーンズ

いきなりのダメ出しブログかよ、と思われるかもしれませんが、最後にちょっと持ち上げるのでしばし勘弁を。ちょっとだけね。『メンタリスト』を見た後でだからなのか、犯人逮捕されても、イマイチ謎解きのすっきり感がないんです。特にシーズン1とか最初の方は、犯人逮捕のシーンとかさらっと描かれているので、このドラマって一体何を描こうとしてるの?って思っちゃいました。何だか消化不良な感じのままドラマが進み、ドラマが進むにつれて、しっかりと犯人が描かれ始めたりするのですけどね。

あと、多分、降板が理由なんだろうけど、とある人物が結構意外な展開で撤退します。ふーむ。これもちょっとやっつけ的な感じであんまり好きじゃないなぁ。まあ、『グレイズ・アナトミー』の死亡退場みたいなのよりはいいか・・・。あれ悲しすぎ。

話ものっぺりとした感じで、あまり急展開はないし、シーズンを跨ぐときによくありがちな大展開というのも今の所ないしなんですね。シーズン4あたりになってきて、主人公のテンペランスがかなりの天然というか少し極端な性格が出がち、というぐらいですが。

ちょっとだけ『ボーンズ』持ち上げてみる

というのっぺり具合が逆に心地よく感じたりもし始めている最近です。『プリズン・ブレイク』のような落ち着きのないハラハラドキドキの連続の展開というのはなくて、のんびりマッタリ見れます。最近では犯人の謎解きも、多少スッキリするようにはなってくれましたしね。それにこの『ボーンズ』、結構長くシーズンが続いているようなので人気はあるんでしょうね。早く、松田聖子の英語が聞きたい。ニュースでは、流暢に話していると言っていたけど・・・。

こんな『ボーンズ』はダメだ、たけしメモ風

・骨を見ると泣く
・骨の名前を実は知らない
・ブースに媚びている
・ブースのファーストネームを実は知らない
・時折赤ちゃん相手にする「指骨〜(ファランジ〜)」というあやし方を実は誰にでもする
・実は小説はゴーストライターが書いている
・アンジェラとはプライベートで飲みに行くのは年に1回ぐらい

・・・。自分の方がダメじゃん。

 - Drama