Digital Explorer

ガジェット好きなミニマリスト

山道にカニもいた。朝夷奈切通を歩いてみた。

   

先日の『ずっとやりたかったことを、やりなさい2』のツールの一つ、

ウィークリー・ウォーク

昨日、早速やってきました。

そもそも、ウォーキングは最近自然とやるようになっていて、ヒマがあれば近所をチョコチョコ歩いてたんですけどね。

昨日は家から歩いて鎌倉まで。

薄いブルーが歩いたところ(自宅付近はカットしてます)

自宅ー朝夷奈切通ーミニストップ鎌倉十二所ー瑞泉寺ー鎌倉宮付近の裏道ー鎌倉

約10km。

朝夷奈切通入り口

ここは何回か歩いたことがあるけれども10年に1回ぐらい。どんな道だったか忘れた頃に来る。

朝夷奈切通(あさいなきりどおし)は鎌倉七口のひとつで、神奈川県鎌倉市十二所から横浜市金沢区朝比奈町を結ぶ峠道(切通し)である。(Wikipedia)

朝比奈峠のクネクネ道は歩道が狭いところもあるので、切通しを歩いた方が近道

・・・距離的には。

・・・結構、初っ端からきつい角度の登り道

教科書か何かにこの辺りの写真が出ていたような。

・・・登り道はきついけれども、楽しめる範囲。

下り道に入ると、、、道がぬかるんでいて歩きにくい

一歩一歩、転ばないように歩いていたので写真なし(泣)。

唯一の下り道の写真がこれ。

ブルーのサワガニ。山でカニに会うとは思っていなかった!

しかし、この道通らなければ良かったと思うほど、ぬかるんで足場が悪い

ハイキング用の滑らない靴を履いているのであれば良いのだろうが、普通のスニーカーを履いていた僕は滑らないように一歩一歩進むのが精一杯。

昔、高校生ぐらいの時に友達と深夜に鎌倉まで歩いた時にこの道を通ったのだが、深夜でほぼ何も見えない状況でこの道を歩くのはアホすぎる。みんな泥だらけになっていた。

というわけで、朝夷奈切通を歩く時には

・ 晴れつづきの天気の良い日中
・ きちんとした靴、汚れても良い格好で行く

がオススメ。

この後、瑞泉寺、鎌倉駅までと歩いたが、普段は車では通らない裏道を歩いて新しい鎌倉の雰囲気が見れて楽しかった。

瑞泉寺は初めて訪れたが、観光客が少なくて良い。

瑞泉寺ウェブサイト
Google Maps

瑞泉寺は動画にしました。

ここで非二元の本を読みたい、とわけのわからないことをしてみたのですが、ぺちゃぺちゃおしゃべりするオババ三人組がうるさくて読めなかった・・・。

オープン・シークレット(覚醒ブックス) Kindle版トニー・パーソンズ著 (Amazon)


おー、トニー。

 - Artist way