Digital Explorer

ガジェッター・ミニマリスト・足つぼ師・温泉ソムリエ。時々、非二元

いつが買い時なのかわからないiPhone6

      2015/12/11

さてiPhone6、6 Plusが発売されて約一週間ほどが経ちました。まだまだMNP一括0円はほぼない状況ですが、キャリアの熱烈な施策により、キャンペーン、下取り、MNPその他クーポンなどを使えば月額料金をかなり抑えることができる感じのようです。

自分の場合、

SB iPhone5c 16GB → au iPhone6 16GB LTEフラット

にMNPをすれば、月額を3,403円にまで抑えることができます。現在、SBホワイトプラン+パケフラで2,700円運用中(そろそろ約1,000円ほどアップ予定ですが…) で、そこから3,403円にアップする程度でしたらまあまあ許容範囲。まあ、まだ最終的に6か6+か、16GBか64GBかは未定ですが。

一括0円ではないにせよ、こんだけ安くなるのも、

△ スマートバリュー
△ auから届いた20,000円クーポン
△ auにかえる割Plus、下取り

のおかげなわけで、10月末まではこの料金で契約できます。

ただ、ここでの難点は

● 違約金+手数料などでのお決まりの15,000円が無駄金として没収される

ところです。ここさえ目をつぶっちゃえばね…。

ドコモ&格安sim運用はぶっちゃけ眼中になく、あとは正当にSBに機種変か、SIMフリー運用かですが、

● SB機種変は月額7,000円近くに跳ね上がる
● SIMフリー機を24回払いにすると月3,000円になりそうなると結局SB iPhone5cの料金と合わせて6,700円ほどに上がってしまう

という点で気になります。

まあ、そんなに乞食運用にこだわるのあれば、乞食らしくMNP一括0円を待てばいいのですが、

● MNP一括0円のころには上記のauクーポンの有効期限切れ、下取りの値段が下がっている

という懸念があります。
現在、iPhone5c 16GBの下取りが店頭値引き17,280円+au Walletチャージ17,280円で合わせて約34,o00円とかなりの高い値段で下取りをしてくれるので、これはかなりおいしいキャンペーン。ドスパラなどの買取価格は現時点では最高額で19,000円。最高額で、です。ここからいろいろ差し引かれて15,000円にでもなればいいところなんじゃないでしょうか。それにケース、コード、イヤホンなども提出しなければならないはず。キャリアの下取りは多少の汚れでは値段は下がらず、本体のみの提出だったような気がします。

ですから、MNP一括0円の時期を待っても、そこまでお得にならないような気がします。来年の今頃まで待てればキャッシュバックウハウハもあるのかも知れませんが、最近のiPhone5s、5cのMNP一括0円キャッシュバックウハウハは2台で○○というのが主流のようでソロ案件でキャッシュバックウハウハは少ない、もしくはしょぼかったりします。

また、もし今回SBから出ていってしまえば、次回に戻ってくるときにはカケ放題が必須になっていてホワイトプラン契約はなくなり、最低金額値上げが必須になっているかも知れません。

………とまあ、ぐだぐだと懸念される事項を書き並べてみましたが、要は、

できるだけ早く、できるだけ安く、iPhone6もしくは6+が使いてぇんだよ!!で、できれば来年のiPhone6s戦にも参加したいという物欲の塊&やや乞食の管理人のマインドでした〜。

 - Apple , , , ,