Digital Explorer

ガジェット好きなミニマリスト

iOS10のリリース開始は9月14日午前2時から。リリース前に準備すること

   

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-19-52-57Apple – iOS10

iOSももう10ですよ。iOS3ぐらいから使い始めているのでiPhoneに触れ始めてから7年が経っているんですね。iOS6のAppleマップの悲劇を乗り越え、10です(iOS6の悲劇はまだ記憶に残ってます)。

リリース前に準備すること

特に準備することもなく、基本的なことだけをiDownloadBlogを参照に書いていきます。

iphone-518101_1280

1. iOS10対応の機種か確認

iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
iPad Pro 12.9インチ
iPad Pro 9.7インチ
iPad Air 2
iPad Air
iPad 第四世代
iPad mini 4
iPad mini 3
iPad mini 2
iPod touch 第六世代

iPhone4s、iPad3、初代iPad mini、iPod Touch第五世代以前は残念ながら非対応。iPhone4sはよく頑張りました。お疲れ様でした。

2. バックアップを取る

パソコンのiTunes、もしくはiOSデバイス単体でiCloudへのバックアップをとります。iTunes経由の方が早いですが、パソコンのない方はiCloudでも大丈夫でう。

3. Apple IDのログイン情報をしっかりと手元に

・・・これ、基本すぎるんですけど、自分の周りではApple IDのID、パスワードを自分に聞いてくる人がいます!人のパスワードまで覚えている自分て一体・・・。

4. WiFiの環境下にいること

アップデートはデータ通信ではできません。必ずWiFiの環境下にいる必要があります。

5. データの空き容量があること

iOSデバイス内に空き容量もないとアップデートをすることができません。不要なファイル、アプリの削除なども効果がありますが、個人的に一番容量が空くのは、一度、データを全て消して一から入れ直す、クリーンインストールがオススメです。

こちらのページに詳しいやり方がありますのでご参照ください。自分はこれをすると4-6GBぐらいダイエットできます。

【iPhone】iOS9をクリーンインストールする方法 約10GBの空き容量が出来ました (SBAPP)

6. あとは全てが終わるのに時間がかかることを覚えておきましょう

みんなが一斉にダウンロードを開始すると思われますので、ダウンロードの遅延やエラーなども予想されます。バックアップをしっかり取っておけばエラーが出ても大丈夫ですので、ゆっくりと焦らずアップデートしましょう。

それでは快適なiOS10を楽しみましょう。あ、Apple WatchのWatchOS3も同じ時刻からですね。

 - Apple