Digital Explorer

ガジェッター・ミニマリスト・足つぼ師・温泉ソムリエ。時々、非二元性

日本郵便の「はがきデザインキット」デジタルな人からアナログな人まで

      2015/12/24

IMG_3971はがきデザインキット 2016 – JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd.

年賀状作りはどんどん進化する。このはがきデザインキットは直感的な操作で誰でも簡単に年賀状がつくれる無料のサービスです。イラストや写真などが簡単に取り込めるなど、素敵なはがきをデザインすることができます。そしてとても細部にまで配慮を感じられるアプリです!

デザイン編集は割と普通に編集

IMG_3972
デザインを作成するところは他の年賀状制作アプリとあまり変わらないかもしれません。スマホなどに入っている写真を簡単に取り入れたり、文字を自分で付け足したり、レイアウトしたりすることもできます。テンプレートもたくさんあるので、自分の好みのものを選択できます。

プリンターが自宅になくても印刷して届けてくれる。1枚78円から

IMG_3974
デザインの編集が終わると、それを友達や親戚、知人などに送るのですが、いくつか選択ができます。

自宅へ送る – 宛名を印刷する・しないの選択ができ、自分の自宅へ作成した年賀状を届けてもらうことができます。
直接相手に届ける – 作成したデザインのまま相手に直接届けてもらうことができます。1枚から可能で、1枚だと78円(はがき用紙)、10枚以上で割引もあり、50枚からだと1枚当たり55円です。
Twitterの友達に送る – Twitter上の友達に印刷された年賀状を届けることができます。
電話番号・メールで送る – 電話番号・メールアドレスで登録している友達に印刷された年賀状を届けることができます。

さらに細部のこだわりが感じられる

IMG_3975
そしてもちろん、自宅のパソコンへの印刷もできます。Canon、EPSON、brotherとメジャーなプリンターが選択できます。うちのCanon MG6130はAirPrint対応機種ではないですが、ちゃんとこのアプリから印刷することができました。また、選択肢の一番下の「端末に画像保存する」を選べばカメラロールに保存されます(iPhone)ので、iMessageやメールを使って送ることもできます。この場合はもちろん無料ですね。

宛名のスキャンで自動入力してくれる

IMG_3973
スマホのカメラ機能を使って宛名をスキャンすることもできます。これで面倒な宛名入力も簡単にできますね!ただこちらの機能はスキャンが完了するまでに1-2日かかるとのことで、少し残念ではありますが。他のアプリで名刺をスキャンしてテキスト文に変更してくれるものがありましたが、こちらだとすぐに変換してくれてかなり精度の高いものでした。

デジタルな人からアナログな人まで、万人向けのアプリ

というようなアプリ紹介でしたが、最後の宛名スキャンは少し残念でしたが、他の機能は割と細部にまで念入りに作られている感じはありました。年賀状も最近ではスマホのメッセージやメールだけで済ます人も多いのですが、まだまだ印刷された年賀状を出したい人も多いと思います。そんなデジタルな人からアナログな人までを網羅したこのアプリ、とてもおすすめです。

 - Apple, Gadgets