Digital Explorer

ガジェッター・ミニマリスト・足つぼ師・温泉ソムリエ。時々、非二元

「私を忘れてください」 ワンバックに見るSNS削除の効果

      2015/12/20

media-998990_1280

16日に引退試合を行った元アメリカ女子代表のFWアビー・ワンバックが、SNSアカウントを全て削除した。

澤穂希選手と全く同じ日にサッカーの現役引退宣言をしたアビー・ワンバック選手。「私を忘れてください」とFacebook、Instagram、といった全てのSNSからアカウントを削除した。

SNSは写真や近況を手軽にシェアできてとても便利。連絡先を忘れてしまっても、各SNSでメッセージや電話ができたりするので卒業アルバムの住所録はもはや必要ではない。しかし、そう言った便利な反面、続けていくうちに疲れを感じてくるようになる。

疲れる原因ベスト5

投稿したのに「いいね」やコメントがつかない
「いいね」やコメントの数に一喜一憂するようになります。

本当は「いいね」やコメントをつけたくない
前につけてもらったから・・・と渋々「いいね」やコメントをつけるのは疲れます。

周りが幸せに見える
周りの友達が載せていることは大抵、人生の幸せな瞬間です。それを見て自分の人生は・・・と比べ始め劣等感を感じます。

友達の数を比べてしまう
あの人は友達が多くて、あの人は友達が少ない、自分は誰より多くて、誰より少ない・・・と友達の数で優劣をつけようとします。

嫌いな人だけど繋がり続けている
本当は嫌いなんだけど、申請されたので渋々繋がっている場合、その人の記事を読むたびに嫌な気分になります。

SNSを削除する効果

では、SNSを削除した時の効果は何だろう。SNS断捨離、SNSデトックスする効果は・・・。

精神的な束縛からの解放
もう他人の自慢話や嫌いな人の記事を読み続けることはないという精神的な開放感。不要な劣等感に悩まされることはない。

時間が空く
SNSだけに縛られなくなるので、時間を有効活用できる。

現実世界の人間関係が豊かになる
一期一会。出会いがあれば別れもある。孤独感の上に成り立つSNSの架空の繋がりよりも、生き生きとしたリアルな人間関係が作れる。

SNSを削除しても実生活で繋がりがある人はあり続ける

ワンバック選手がSNSのアカウントを全て削除したそうですが、それで彼女は孤独になったでしょうか。そうではないですよね。人との繋がりはSNSがなくても必要な繋がりはあり続けると思います。便利なSNSではありますが、精神的に疲れるというのであれば思い切って辞めてみるのもいいかもしれませんね。

Facebookを辞めたい人はこちらのリンクからアカウントの削除ができるみたいです。結構Facebook内の深いところにあるリンクなので探すのに苦労しました。削除すると14日以内なら復活出来るとのことです。自分も一旦削除してみましたが、「いや、待てよ。。。ここでしか連絡先がわからない人もいたっけ・・・」と出戻りしてきました。SNSはゆるくやっていこう・・・。

 - Apple, Miscellaneous, News