Digital Explorer

ガジェット好きなミニマリスト

「Apple Watch Series 2で店頭Apple Pay払い」をドヤリング認定とします。ドヤリング協会からのお知らせ

   

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-9-25-13ドヤリング会員の皆様

会員の皆様はiPhone7 Plusのジェットブラックでのドヤリングを堪能されていることと思います。しかし、11月の認定ドヤリングは「Apple Watch Series 2」の店頭Apple Pay払いとします。

iPhone7 Plusのジェットブラックを使ったスタバドヤなどは、当協会ではすでに認定から外れています。今はApple Watch Series 2のApple Payです。

Apple Watch Series 2のApple Payがなぜドヤリング認定されるのか?

applepaywithwatchおサイフケータイとされるものはこれまで数多くの端末で使われてきたのですが、ウェラブルの腕時計タイプでの電子決済はApple Watchが初めてです(正確にはwena wristですが)。

ですから店員から「わー初めて見た〜!」と声をかけられる率が非常に高いです。iPhoneでApple Payを使って支払っても特に珍しがられません。他の似たような携帯端末ですでに電子決済がされているからです。

iPhoneなどでのドヤと違うのは、一人で端末をチラつかせてほくそ笑む程度のドヤではなく実際に「対人ドヤ」になりますので格が違います

Apple WatchからのApple Payを見て好奇心を出す店員がほとんどですが、中には「本当に支払ったの?」とか疑いをかけてくる店員や、Suica払いでと言ったのにSuicaカードを出すそぶりをしないのでレジでしばらくお互いに立ち尽くしてしまうこともあります。それだけ上級ドヤなのです。

それではドヤリング協会会員の皆様のApple WatchのApple Payドヤの活躍を期待しております。なお、来月からはMacBook Pro 13 or 15インチ、スペースグレイ、Touch Bar付きがドヤリング協会認定となりますので併せてご理解のほどよろしくお願いします。

 - Apple