Digital Explorer

ガジェッター・ミニマリスト・足つぼ師・温泉ソムリエ。時々、非二元性

スタバでMac持ってドヤる人が多い理由

      2017/07/02

technology-785742_1920

MacBookを買ってから、妙にスタバに行くこと増えました。今の仕事の理由もあるのですが、外出するときは大抵MacBookをリュックに入れてます。仕事が入るとマクドナルドよりもスタバを探します。それは何故か。多分、スタバでMacやMac以外のコンピュータを使っている人の大抵の理由がフリーWiFiではないでしょうか。

フリーWiFiのあるスターバックス


スターバックスでは基本的に全国の店舗でフリーのWiFiを提供しています。こちらは事前に登録することが必要ですが、登録をするとスターバックスで「at_STARBUCKS_Wi2」のWiFiを使えるようになります。携帯会社のフリーWiFiもあるのですが、Macなどのパソコンをつなぐにはこのスターバックスが提供するWiFiに登録して使用する必要があります。

マクドナルドは気軽に行けるがパソコン向けWiFiがない

スタバよりも店舗数では多いであろうマクドナルドですが、こちらにはパソコンがつなげるWiFiが残念ながら今の所ありません(多分。有料であるのかも、だけど)。スタバが周りにないときマクドナルドも行くのですが、こちらでは自分のiPhoneをテザリングにして使うしかありません。昨今のモバイル通信って通信量に上限があるので、そこを気にしながら使うのは嫌なものですね。余談ですけど、マックカフェ・バイ・バリスタのメニューは好きです。店舗数がかなり限定されますが。

ドヤの計算式とスタバのドヤ人口

だからスタバにパソコンを持ち込んでいる人が多いのではないでしょうか。そしてスタバとMacのオシャレ感が相乗効果的にアップしてドヤる、が出てくるのだと思います。

スタバのオシャレ感 x Macのオシャレ感 → ドヤ!

そしてパソコン向けのフリーWiFiの設置でドヤ人口が高いのがスタバになる、という計算です。

ブルーボトルコーヒーではドヤるものが違います

ブルーボトルコーヒーは店舗数が圧倒的に少ないプレミア感が強いのでWiFiがあってもパソコンをするためにブルーボトルへというよりはまずはコーヒーを飲みにという人が多そうですね。ただ、ブルーボトルの場合、Macドヤよりも、「ブルボ」ドヤ単体です。店舗に来たことがドヤることになるのです。ですから、ここではMacを持っている人ではなく、Instagram用に写真を撮っている人がドヤってます。

 - Apple, Miscellaneous